脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症のガイドライン

動脈硬化学会の「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版」では、従来のガイドラインで用いられてきた「高脂血症」が「脂質異常症」と名称変更されました。低HDLコレステロール血症という病態が含まれるのに「高脂血症」という表現は不適切であることや、諸外国のガイドライン記載用語の「dyslipidemia(脂質異常症、脂質異常血症)」と統一を図るためです。ただし、高コレステロール血症や高トリグリセライド血症をまとめて呼称する「高脂血症」という病名が排除されたわけではありませんから、病院や診療所で「高脂血症」と診断されたり、薬局で高脂血症の薬と説明されたりすることはありえます。

脂質異常症は、HDLコレステロール値、トリグリセライド値、 LDLコレステロール値で定義され、血液中の脂質が正常範囲よりも高いまたは低い状態を「脂質異常症」と呼びます。脂質異常症という診断名には、高脂血症と低脂血症が含まれるだけでなく、レムナントやsmall dense LDL(小粒子LDL )が認められるリポ蛋白異常も含みます。脂質異常症という診断名は、動脈硬化性疾患(心筋梗塞、脳梗塞など)の危険因子として捉えることが重要と考えられます。

※HDLコレステロール:俗称として善玉コレステロールと呼ばれています。

※トリグリセライド(TG):中性脂肪の殆どがトリグリセライド(TG)です。

※LDLコレステロール:俗称として悪玉コレステロールと呼ばれています。

 - 脂質異常症(高脂血症)とは

PC用

PC用

  関連記事