脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症(高脂血症)と動脈硬化

脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化の危険因子の中でも大きな要因といわれています。脂質異常症(高脂血症)をそのままにしておくと、動脈硬化が進行し、虚血性疾患(冠動脈疾患、CAD)や脳卒中などの動脈硬化性疾患をひきおこすリスクが高まります。心臓の冠動脈が詰まれば心筋梗塞、脳の動脈が詰まれば脳梗塞になります。

動脈硬化とは、動脈壁が肥厚して弾力性が低下し内腔が狭小化する病態を意味しています。一般的に動脈硬化という場合はアテローム性動脈硬化症(粥状硬化症)を指し、脂質異常症(高脂血症)の中でもLDLコレステロール(悪玉コレステロール)がアテローム性動脈硬化症(粥状硬化症)に深く関わっているといわれています。
高血圧や高い血糖値、運動不足、喫煙などが原因で血管壁に傷が付いたり異常が起こると、LDL(悪玉コレステロール)が血管壁に入り込んで過酸化脂質になります。すると、平滑筋細胞とマクロファージが過酸化LDLを取り込んで泡沫細胞に変化して死んでしまいアテロームとして血管壁にこびりつきます。

コレステロールの過剰な摂取が、アテロームを創り出す直接の原因ではありません。動脈硬化を促進する原因として、加齢・性別・生活習慣が挙げられますが、危険因子が重なるほど動脈硬化の進行が早まって、動脈硬化が引き金になる疾患の発症リスクが高くなります。動脈硬化の危険因子としては、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、糖尿病、喫煙があります。動脈硬化の予防には、これらの危険因子を取り除くことが大切で、生活習慣を改善することで予防できる場合が多いです。

※虚血性心疾患:心筋梗塞と狭心症の2つの病態をまとめて「虚血性心疾患」といいます。 「冠動脈疾患」とも呼ばれます。

※動脈硬化の種類:動脈硬化には、アテローム性硬化症・細動脈硬化症・メンケベルグ動脈硬化症の3種類があります。

 - 脂質異常症(高脂血症)とは

PC用

PC用

  関連記事