脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

メタボと脂質異常症(高脂血症)

メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)とは、典型的な生活習慣病で、過食や運動不足によって、内臓脂肪型肥満(内臓脂肪の蓄積による肥満)と、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などが重なって発症している状態を示します。メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)は、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)といった動脈硬化性疾患の発症に大きく関与しており、禁煙が加わると更に危険性が高くなります。

内臓脂肪型肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)は、一つを発症すると他を合併しやすく、それぞれの病気の症状は軽度でも、合併する病気が多いほどに動脈硬化を促進することになり、結果、虚血性疾患(冠動脈疾患、CAD)や脳梗塞(脳卒中)などの動脈硬化性疾患のリスクを高めます。

メタボリックシンドローム予防改善には、生活習慣の改善が必須です。根本にあたる内臓脂肪を減らすことが重要で、そのためには、先ずは、食生活を見直して、運動の習慣をつけて、禁煙することです。

日本のメタボリックシンドロームの診断基準

内蔵型肥満(ウェスト周囲径が男性85cm・女性90cm以上)に加えて、次のうち2項目以上に当てはまる場合がメタボリックシンドロームと診断されます。女性90cm以上の腹囲は「80センチ以上」に見直される可能性があります。

  • 血清脂質:中性脂肪値150mg/dl以上、HDLコレステロール値40mg/dl未満、のいずれか又は両方
  • 血圧:収縮期血圧130mmHg以上、拡張期血圧 85mmHg以上、のいずれか又は両方
  • 血糖値:空腹時血糖値110mg/dl以上

 - 脂質異常症(高脂血症)とは

PC用

PC用

  関連記事