脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症が原因になる脳血管障害とは

脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化の危険因子で、脳卒中の原因のひとつです。脳卒中(脳血管障害)には、脳梗塞・一過性脳虚血発作・脳出血(脳内出血)・くも膜下出血があります。かつては脳梗塞よりも脳出血が多かったのですが、脂質異常症(高脂血症)などにより脳梗塞が増えて、脳梗塞が脳卒中による死亡の60%以上を占めるほどになっています。

脳血管性認知症(脳の血管障害による認知症)の原因で多いのが多発性ラクナ梗塞ですが、その基礎疾患として、脂質異常症(高脂血症)を含む生活習慣病があります。生活習慣の改善が脳卒中予防につながります。

脳の血管が詰まるタイプの脳卒中(脳血管障害)

 脳梗塞

脳梗塞は脳血栓症と脳塞栓症に大別できます。脳血栓症は、更にアテローム血栓性脳梗塞とラクナ梗塞に分けられます。

脳血栓症:アテローム血栓性脳梗塞は、頚動脈などの太い動脈に動脈硬化が起こり、太い血管が詰まったり、太い血管に生じたアテロームが剥がれて血流に乗ってたどり着いた脳中の細かい血管に詰まることで起こる脳梗塞です。
ラクナ梗塞は、脳の細い動脈が主に動脈硬化によって詰まってしまう脳梗塞で、梗塞の大きさが15mm未満のもの場合ラクナ梗塞とよびます。

脳塞栓症:心臓にできた血栓が脳に流れついて血管を塞ぐ心原性脳塞栓症のように、脳以外の心臓の中などにできた血の固まり(栓子)などが脳の血管に詰まることで起こる脳梗塞です。血管が詰まるという点では脳血栓症と同様ですが、栓子が大きいことが多いために、太い動脈が詰まってしまいます。その結果、重症の脳梗塞を起こすことが多いです。

一過性脳虚血発作

一過性脳虚血発作とは、脳の血管が詰まっても24時間以内に回復するもので、脳梗塞の前触れ発作ともいわれる症状(前駆症状)です。一時的に、頭痛、舌のもつれ、手足のしびれ、半身マヒの症状が起こりますが、再び血液が流れると症状はなくなります。

脳の血管が破れるタイプの脳卒中(脳血管障害)

 脳出血(脳内出血)

脳の血管が破れて出血をおこした状態で、大脳の深部の細い動脈が破れやく、出血した血液が脳の神経細胞を破壊します。出血した血液は脳内で血腫(血のかたまり)になり、大きくなると頭蓋内の圧力が上がって脳を重度に傷害して生命に危険が及ぶこともあります。
脳出血の症状としては、いわゆる半身麻痺(片麻痺)が最も起こりやすい症状で、血腫が大きくなると意識が混濁したり昏睡状態といった意識障害を起こします。疲労、精神不安、寒冷刺激などが脳出血の引き金になることが多く、脳出血は活動中に起こることも多いです。脳出血は高血圧と関連していますから、高血圧治療が重要になります。

 くも膜下出血

脳は3層の膜(内側から、軟膜、くも膜、硬膜)で覆われています。くも膜と軟膜の間の動脈瘤が破れて出血(脳動脈瘤破裂)するのが、くも膜下出血です。
くも膜下出血の症状としては、突然の激しい頭痛、嘔吐、意識の混濁、痙攣(けいれん)が見られますが、四肢のマヒは通常起こりません。

 - 脂質異常症(高脂血症)とは

PC用

PC用

  関連記事