脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

高脂血症とは

「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版」を境にして、高脂血症を脂質異常症の旧名称(総称)と捉える一方で、高コレステロール血症や高トリグリセライド血症といった脂質が正常範囲よりも高い状態をまとめて呼ぶ「高脂血症」という捉え方があります。

「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版」の前までは、低HDLコレステロール血症(HDLコレステロール値が低いほうが動脈硬化を進めます)も含めて高脂血症と総称していました。

「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版」では、低HDLコレステロール血症を含めて高脂血症と括る呼び方が不適切であることや、諸外国との呼称との統一を図る目的で、血液中の脂質が正常範囲よりも高いもしくは低い状態を示す、より広い意味を持つ「脂質異常症」に病名が変更された経緯があります。ただし、高脂血症という病名がなくなるわけではありませんから、LDLコレステロール(LDL-C)値や、中性脂肪(TG)値が高いことを表す呼び方として使われていくと推察されます。例えば、病院で高脂血症と診断されたり、薬局で高脂血症の薬と説明されたりすることになります。

 - 脂質異常症(高脂血症)とは

PC用

PC用

  関連記事