脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症の脂質とは

脂質異常症の原因になる血液中の脂質(血清脂質)として、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸があります。脂質(血清脂質)の内、コレステロールや中性脂肪などの脂肪が多すぎたり少なすぎたり、脂質の代謝が異常な状態が脂質異常症です。

コレステロールは細胞膜・ホルモン・胆汁酸の原料になるなど体にとって不可欠な働きを持っています。中性脂肪は分解されてエネルギーとして利用されます。リン脂質は細胞膜やリポ蛋白の原料となるなど身体にとって欠かせません。このように脂質(血清脂質)は身体にとって重要なのですが、脂質代謝のバランスが崩れると動脈硬化の原因になります。

脂質異常症と診断されるのは、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が多すぎる場合、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が少なすぎる場合、中性脂肪(トリグリセライド)が多すぎる場合などがあります。
脂質異常症(高脂血症)は心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患を引き起こす大きなリスク要因ですが、脂質は身体にとって欠かせない働きを持ちますから、ただ減らすのではなく、悪玉を増やしすぎないよう、善玉は減らさないようにコントロールすることが大切です。

※血液から血球成分(赤血球や白血球など)を取り除いたものが血清で、この血清に含まれる脂肪が血清脂質です。

 - 脂質異常症の原因

PC用

PC用

  関連記事