脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

善玉・悪玉コレステロールとは

脂質異常症の原因になっているコレステロールに、LDLコレステロールとHDLコレステロールがあります。LDLコレステロールが多すぎると、傷付いたり異常のある血管壁に蓄積して酸化して動脈硬化を促進させる原因になるため、LDLは悪玉コレステロールと呼ばれます。そして、LDLが小型になった小粒子高密度LDL(スモールデンスLDL)を超悪玉コレステロールと呼びます。小粒子高密度LDL(スモールデンスLDL)はLDLよりも小さいため血管に入り込みやすく、より酸化されやすいため、LDLよりも動脈硬化や心筋梗塞をより高い確率で引き起こします。

LDLとは対照的に、HDLコレステロールは血液中の余ったコレステロールを回収して直接または間接的に肝臓でリサイクルする働きや、LDLコレステロールの酸化を防止する働きによって動脈硬化を防ぐので、善玉コレステロールと呼ばれます。

LDLコレステロールが基準値より高い場合、高LDLコレステロール血症と診断されます。HDLコレステロールが基準値より低い場合、低HDLコレステロール血症と診断されます。脂質異常症としては、コレステロールの異常値を示す高LDLコレステロール血症や低HDLコレステロール血症のほかに、中性脂肪の値が正常値よりも高値を示す高トリグリセライド血症があります。

 - 脂質異常症の原因

PC用

PC用

  関連記事