脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

スモールデンスLDLは超悪玉

悪玉といわれるLDLの粒子の大きさは一様ではありません。LDLが小型になった小粒子高密度LDL(スモールデンスLDL)を超悪玉コレステロールと呼びます。小粒子高密度LDL(スモールデンスLDL)は正常粒子径のLDLと比べても、より小さいために血管に入り込みやすく、血中により長く留まって直接動脈に接する時間が長くなり、より酸化されやすい粒子です。そのため、正常粒子径のLDLよりも動脈硬化や心筋梗塞をより高い確率で引き起こします。

脂質異常症(高脂血症)は、基本的に動脈硬化の関連で捉えられており、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患を引き起こす大きな要因としてコレステロールがあり、LDLコレステロールを下げることが動脈硬化の予防になることが明らかになっています。そして、コレステロールの中でも注目されるのが超悪玉のスモールデンスLDLです。

スモールデンスLDLは、耐糖能異常に伴う高トリグリセライド血症で高頻度に見られます。血中脂質検査の結果で異常を示さなくとも、耐糖能異常ではスモールデンスLDLが認められることがよくあります。インスリン抵抗性が悪いと中性脂肪を多く含むLDLの前駆体であるVLDLが作られやすく、インスリンが足りないとVLDLが大型化する過程で小型化したLDL、つまり超悪玉のスモールデンスLDLが作り出されます。また、中性脂肪が増えれば増えるほどに、LDLを小型化して超悪玉のスモールデンスLDLを生み出します。

メタボリックシンドロームの人では、LDLが小型化している場合が多く、診断結果でLDLコレステロール値は高くなく正常値であっても、スモールデンスLDLが増加しているかもしれません。メタボと指摘されていたり、中性脂肪値が高いといわれている場合は、コレステロールの値が正常値範囲内でも、検査をして確認するのが良いかもしれません。

※スモールデンスLDL: small dense LDL、small LDL、スモールLDL、スモール・デンス・LDL

 - 脂質異常症の原因

PC用

PC用

  関連記事