脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

中性脂肪とは

動脈硬化を引き起こす脂質異常症の原因のひとつの中性脂肪は、余分なエネルギーが皮下脂肪や内臓脂肪として、すぐに使われずに体内に貯蔵されている脂肪です。適度の蓄積ならば問題ないのですが、過剰な中性脂肪の蓄積は肥満、脂肪肝や肝硬変、動脈硬化性疾患(動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞など)に繋がります。また、中性脂肪はコレステロールと深い関係にあって、HDLコレステロールが少なくなると中性脂肪が増加し、中性脂肪が増加するとLDLコレステロールが小型化されて小粒子高密度LDL(スモールデンスLDL)という変性LDLが作られます。これらも動脈硬化を促進する原因になります。 更には、中性脂肪が高いと血栓ができやすい状態になって、急性心筋梗塞を引き起こす危険性が高いといわれています。

中性脂肪(トリグリセライド)が基準値より高い場合、高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)と診断されます。トリグリセライド(中性脂肪)が高いと動脈硬化が進みやすく、また極端に高くなると急性すい炎の危険性があります。

中性脂肪が過剰に蓄積される原因は、主に動物性脂肪や糖質の摂り過ぎです。食べ過ぎで余った脂肪や糖質を材料に中性脂肪が肝臓で作られます。日本人の場合は炭水化物にも注意が必要です。炭水化物を必要以上に摂取すると中性脂肪が増加する原因になります。食事の主食がご飯(米)だからです。余分なブドウ糖はやがて中性脂肪として蓄えられることになります。また、アルコール摂取で中性脂肪の合成が促進されますし、肥満の場合は、脂肪細胞から流出した脂肪酸を原料にして中性脂肪が合成されます。

中性脂肪は食事と密接な関係にあります。食事の後は必ず中性脂肪の数値は上がりますが、ちょっとした工夫で食生活を変えることで中性脂肪の管理はできます。中性脂肪が高いといわれたら、食べすぎないこと、運動をすること、アルコールを飲みすぎないことなど、生活習慣を見直して健康的な暮らしを心掛けましょう。

 - 脂質異常症の原因

PC用

PC用

  関連記事