脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

中性脂肪とコレステロールの相互関係

中性脂肪とコレステロールの関係は非常に大きく、中性脂肪とコレステロールのどちらも数値が高くなると動脈硬化の原因になるとして健康診断で必ず検査されます。中性脂肪とコレステロールは互いに作用して増減し合う関係を保ちながら体内に存在します。コレステロールにはLDLコレステロールとHDLコレステロールがありますが、中性脂肪が増えると善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールが減って結果的に悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールが増える傾向があります。

中性脂肪の値が高くなると、リパーゼ(消化酵素)の活性が弱くなることで、血液中のカイロミクロンやVLDLの分解が進まなくなってHDLが作られにくくなります。更に、HDLコレステロールが少なくなると中性脂肪が増加し、中性脂肪が増加するほどにLDLコレステロールが小型化された小粒子高密度LDL(スモールデンスLDL)というLDLを生みだします。スモールデンスLDLは普通のLDLよりもサイズが小さいために血管壁に入り込みやすく動脈硬化を更に促進するコレステロールです。このように、「中性脂肪が増える→HDLが減少する→LDLが増える」という悪循環ができてしまいます。この中性脂肪とコレステロールの関係から、中性脂肪が増えなければ、HDLを増やしてLDLを抑えることができる、ということになります。中性脂肪を減らす方法は、中性脂肪を身体に溜めない生活にする、つまり食生活・運動・喫煙といった生活習慣を改めることが中性脂肪を減らす方法ということになります。

中性脂肪とコレステロールの関係から疑われる病気があります。血中脂質検査の結果で、中性脂肪とコレステロールの両方が高値の場合に疑われる主な病気は、動脈硬化、糖尿病、高尿酸血症、急性膵炎、肥満などが挙げられます。中性脂肪が高値でコレステロールが正常な場合に疑われる主な病気は、糖尿病、高尿酸血症、急性膵炎、肥満などが挙げられます。中性脂肪が正常でコレステロールが高値の場合に疑われる主な病気は、動脈硬化です。
日本人の心筋梗塞患者の場合では、コレステロール値はそれほど高くなく、むしろ中性脂肪が高値を示すケースが多いといわれています。中性脂肪の値をコントロールすることが大切です。健康診断の血中脂質検査は動脈硬化症を防止するのに欠かせません。定期的に検査を受けましょう。

○カイロミクロン(キロミクロン):約90%が食事由来のトリグリセリド(中性脂肪)で、主に小腸で吸収された食事中脂質から合成されます。その後に、胸管リンパから血液中に流入し肝臓に運ばれます。

○VLDL: 約50%が中性脂肪(トリグリセリド)で、肝臓でカイロミクロンから合成されます。

 - 脂質異常症の原因

PC用

PC用

  関連記事