脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症になる病気

他の病気が原因で脂質異常症になることがあります。これを二次性脂質異常症(続発性脂質異常症)といいます。二次性脂質異常症(続発性脂質異常症)の治療は、原因疾患の治療が重要で優先されます。

原因疾患を治療することにより脂質異常症が治癒または改善します。ただし、一部の原疾患は治療しても脂質異常症が十分改善しない場合があるようです。

脂質異常症を起こす病気としては、肥満や糖尿病をはじめとして、甲状腺(甲状腺機能低下症)、肝臓(原発性胆汁性肝硬変症)、副腎(クッシング症候群)、腎臓(ネフローゼ症候群、尿毒症、腎硬化症)、胆道(閉塞性黄疸)などの疾患があります。

薬の副作用が脂質異常症の原因になることもあります。降圧剤(利尿剤・β遮断薬)、ホルモン剤(コルチコレステロイド、避妊薬、エストロゲン)、免疫抑制剤、角化症治療薬、向精神薬などがあります。

続発性(二次性)脂質異常症の原因疾患

 甲状腺の病気

甲状腺機能低下症は甲状腺の病気で、甲状腺ホルモンが不足して起こります。コレステロール値が上がります。橋本病が代表的です。

 肝臓の病気

原発性胆汁性肝硬変症は、35~60歳の女性に発症頻度が高い肝臓の病気です。コレステロール値が上がります。

 副腎の病気

クッシング症候群は、副腎(内分泌腺)から過剰にコルチゾール(ホルモン)が分泌されることで起こる病気です。コレステロール値と中性脂肪値(TG値、トリグリセライド値)が上がります。

 腎臓の病気

ネフローゼ症候群は、腎臓のろ過機能が正常に働かないために、尿中にタンパク質が大量に排出されて血液中のタンパク質が減少する病気です。コレステロール値が上がります。

 胆道の病気

閉塞性黄疸は、胆汁の流出路が塞がることで胆汁の排出ができなくなって生じる黄疸のことです。コレステロール値が上がります。。

 糖尿病

糖尿病は、血糖値が慢性的に高い状態の病気です。コレステロール値と中性脂肪値(TG値、トリグリセライド値)が上がります。

 膠原病

膠原病は、関節リウマチを含む自己免疫疾患かつ結合組織疾患である病気の総称で、女性に好発します。中性脂肪値(TG値、トリグリセライド値)が上がります。

 - 脂質異常症の原因

PC用

PC用

  関連記事