脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

女性の脂質異常症

女性の脂質異常症(高脂血症)は閉経を機に増加し、動脈硬化性疾患のリスクも高まります。脂質異常症(高脂血症)は、男性では成人で現れはじめて50代以降多くなります。女性では50歳代になるまでは少ないのですが、それ以後に急激に増えて男性よりも多くなります。この男女の脂質異常症(高脂血症)の違いの原因は、女性特有のエストロゲン(卵胞ホルモン)にあります。
エストロゲンには、肝臓の酵素に働きかけて血液中のLDLコレステロールの増加を抑制し、肝臓でのHDLコレステロールの合成を促がす働きがありますから、閉経前は動脈硬化性疾患のリスクは低く抑えられています。ところが、閉経後はエストロゲンが激減することで、LDLコレステロールや中性脂肪が増加して、男性と同様に動脈硬化性疾患のリスクが高まります。
一般的に女性のLDLコレステロール(LDL-C)値は40歳代後半から上昇して、閉経後に男性を追い越し、更に男性より高値を持続します。そのため、女性の冠動脈疾患(CAD)発症リスクは閉経後に高まり、高齢期にかけて増加し続けます。

女性のHDLコレステロール値は高いことが多いので、総コレステロール値が高くとも、必ずしもLDL-Cも高値とは限りません。閉経前女性の脂質異常症に対しては、家族性高コレステロール血症や脂質異常症以外の病気(高血圧や糖尿病など)の合併など複数の危険因子があるケースを除いては、生活習慣の改善が優先的に行われます。閉経後女性の脂質異常症では、まずは生活習慣改善が推奨されますが、危険因子を十分考慮して薬物療法も検討されます。

日本においては、食生活の欧米化、運動不足、喫煙、長寿による高齢化社会で、動脈硬化に繋がる危険因子が懸念されます。女性も若いうちから生活習慣を見直して脂質異常症(高脂血症)予防対策を行って、少しでも動脈硬化の危険因子を減らすことが重要です。

  • ※LDLコレステロール(LDL-C):俗称として善玉コレステロールと呼ばれています。
  • ※トリグリセライド(TG):中性脂肪の殆どがトリグリセライド(TG)です。
  • ※HDLコレステロール(HDL-C):俗称として悪玉コレステロールと呼ばれています。

 - 脂質異常症の原因

PC用

PC用

  関連記事