脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症と肥満の関係

肥満には、内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満があります。内臓脂肪型肥満は、脂質異常症(高脂血症)や高血圧や糖尿病などを合併しやすく、動脈硬化との関連性が高いとされています。肥満 (特に内臓脂肪型肥満) は動脈硬化の危険因子としての脂質異常症(高脂血症)・高血圧症・糖尿病などのベース(素地)になっているのです。つまり、肥満の人はこれらの疾患を複数もつ場合が多いという事です。このことから、肥満に加えて、脂質異常・血圧高値・耐糖能異常のうち2つに該当する状態を、メタボリックシンドロームとよばれる疾患として定義しています。

肥満とは脂肪組織が過剰に蓄積された状態です。肥満の場合は、脂肪細胞から流出した脂肪酸を原料にして中性脂肪が合成され、血液中の中性脂肪が増えます。肥満度指数(BMI) が25を超えると合併症の発症頻度が高くなります。脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高血圧、心疾患(心不全や虚血性心疾患)、脳卒中、睡眠時無呼吸症、癌、痛風などです。このように、肥満は他の生活習慣病の原因にもなりますから減量が必要です。メタボリックシンドローム予防に生活習慣病である脂質異常症の予防は重要で、そのベースになっている肥満解消が重要になります。

肥満でなくとも、適正体重・適正エネルギー量を知って、肥満にならない食生活や生活習慣を身に付けておくことが大切です。

※肥満が原因になっている疾患(合併症)が肥満の程度と相関しないため、単なる肥満と区別して、医学的治療が必要な肥満を肥満症と診断しています。

 - 脂質異常症の原因

PC用

PC用

  関連記事