脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症に合併する病気

脂質異常症で問題になる合併症は動脈硬化症です。動脈硬化が進むと様々な重篤な病気を引き起こす危険性が高まります。脂質の代謝異常が原因とする脂質異常症が続くと動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの合併症が起こります。脂質異常症やそれに伴う動脈硬化などが原因で引き起こされる病気は心筋梗塞や狭心症、脳梗塞だけに止まりません。さらに全身のいろいろな部分での合併症の危険性を高めます。

動脈硬化を引き起こす病気は脂質異常症(高脂血症)の他に、高血圧や糖尿病などがあります。一つを発症すると他を合併しやすく、それぞれの病気の症状は軽度でも、合併する病気が多いほどに動脈硬化を促進することになります。
脂質異常症(高脂血症)単独では基本的に症状を感じることはまずありませんが、脂質異常症(高脂血症)と診断されたなら、自覚症状の有無に関わらず、治療に取り組み動脈硬化や合併症を予防することが大切です。

脂質異常症(高脂血症)に多く見られる合併症としては、冠動脈疾患(CAD、虚血性心疾患とも呼ばれる狭心症や心筋梗塞)、脳卒中、胆石症、大動脈瘤、間けつ性跛行症、糖尿病、高尿酸血症(痛風)、脂肪肝などがあります。

※虚血性心疾患:虚血性心疾患とは、心臓の血管(冠状動脈)が動脈硬化などが原因で狭窄や閉塞する病気の総称で、一般的には狭心症と心筋梗塞を指します。虚血性心疾患は、 冠動脈疾患(CAD、coronary artery disease)とも呼ばれます。

※脳卒中:脳卒中とは、脳血管障害とも呼ばれ、脳の血管が詰まったり破れたりすることが原因で意識障害や中枢神経の障害を起こす病気の総称で、脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)や脳出血(脳内出血)やクモ膜下出血などを指します。

 - 脂質異常症と合併症

PC用

PC用

  関連記事