脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症と高血圧の合併

脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化の危険因子で、高血圧を合併することが多い病気です。高血圧症とは、正常基準値を超えた血圧値が慢性的に続く状態です。高血圧と動脈硬化は相互に危険因子になって血管の老化を促進します。そして、高血圧が長期間続くと、脳・心臓・腎臓・目などの臓器にも甚大な悪影響を及ぼすようになります。

高血圧と脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化性疾患を引き起こす危険因子になる病気として注意が必要であるにもかかわらず、単独では軽く見られがちのようです。脂質異常症(高脂血症)に合併症で高血圧があると、脳卒中や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)を起こす確率が更に高まりますから、一層の注意が必要になる病気と認識することが重要です。
高血圧と脂質異常症(高脂血症)は互いに危険因子となって動脈硬化を促進させる関係にあります。血圧が高い状態が続くと、常に血管に余計な圧力がかかるため、血管壁が傷つきやすくなっています。脂質異常症(高脂血症)が重なると、弱くなって傷付いた血管の内壁に増殖した悪玉コレステロールや中性脂肪が入り込み、血管はもろく細くなっていきます。すると、更に血液が血管に圧力をかけて高血圧になるといった悪循環が生じます。

肥満を解消することが、脂質異常症(高脂血症)と高血圧の両方の改善に繋がることがわかっています。脂質異常症(高脂血症)とその合併症を改善するには、まず生活習慣の見直しです。

 - 脂質異常症と合併症

PC用

PC用

  関連記事