脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

大動脈瘤とは?脂質異常症は危険因子

大動脈瘤とは、大動脈が局所的に内圧に耐えられず瘤(こぶ)のように膨らむ病気です。大動脈瘤の危険因子としては、動脈硬化・高血圧・脂質異常症(高脂血症)・糖尿病・喫煙などの循環器系の病気に共通する危険因子が挙げられます。

大動脈瘤の最大の原因は動脈硬化です。動脈硬化が進行すると、動脈の血管壁は次第に脆く弱い状態になって、高い血圧に耐えられなくなります。この弱くなった動脈壁の一部が変形して瘤(こぶ)状に拡張した状態が大動脈瘤です。大動脈瘤ができる部位によって、胸部大動脈瘤と腹部大動脈瘤に分けられますが、大動脈瘤の殆どが腹部大動脈瘤です。

大動脈瘤の症状は、大動脈瘤の大きさや部位、原因になっている基礎疾患によって様々ですが、大動脈瘤の大きさは徐々に進行しますから、初期は殆ど症状がありません。特に胸部大動脈は自覚症状に乏しく、破裂しない限り症状が現われないことが多いようです。腹部大動脈瘤では、臍(へそ)周辺に触れることで瘤(こぶ)が拍動するのを認めて腹部大動脈瘤が発見されることが多いのですが、痛みを伴うことは稀ですので放置されることが多いようです。

胸部大動脈瘤が破裂すると胸や背中の痛みや喀血などがあることが多く、腹部大動脈瘤が破裂すると腹痛や腰痛や膨満感が必ず起こります。大動脈瘤が破裂すると殆どのケースで痛みを生じ、大動脈瘤の出血でショック状態に陥り生死に関わることも稀ではありません。瘤(こぶ)がある程度大きくなった場合は手術によって除去する必要があります。瘤(こぶ)の予防対策として、脂質異常症(高脂血症)などの危険因子を避けることが大切です。

 - 脂質異常症と合併症

PC用

PC用

  関連記事