脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

高脂血症に多い痛風とは

高尿酸血症(痛風)では脂質異常症(高脂血症)を合併していることが多いといわれています。好発年齢は30-60歳代で、9割以上が男性です。血清尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態が高尿酸血症です。この状態が更に進行して急性関節炎発作の症状が起きた時に、痛風といわれます。痛風の激しい耐え難い「痛み」に注目が集まる傾向にありますが、本当に注目すべきは高尿酸血症(痛風)の合併症です。

肥満度が大きくなるほどに高尿酸血症の頻度も増加します。そして、耐糖能異常(糖尿病)、高トリグリセリド血症(高脂血症)、高血圧などの合併頻度も多くなります。高尿酸血症とは、血液中の尿酸値が高くなった状態です。高尿酸血症には尿酸の産生過剰型と排泄低下型(腎型)があり、およそ9割が排泄低下型です。高尿酸血症が進行すると痛風発作とよばれる激しい痛みを伴う炎症性関節炎の急性発作の症状が現われますが、他にも、皮膚症状として皮下に痛風結節できたり、腎臓や尿路に尿酸結晶が溜まることで、尿路結石症を生じやすくなったり、腎機能障害(腎不全などの 腎臓病) をきたします。尿酸結晶による腎障害は痛風腎と呼ばれます。

高尿酸血症(痛風)の原因である尿酸はプリン体から作られます。遺伝的に細胞の代謝機構に問題があったり、プリン体(プリンヌクレオチド)が多い食事を好んで食べていると尿酸が産生過剰になって尿酸値が上昇します。アルコール(特にビール)の多飲でも、尿酸の産生過剰が起こります。高尿酸血症(痛風)の治療の基本は生活習慣の見直しです。肥満の解消が大切で、カロリ-制限、高蛋白食制限、アルコール制限が特に重要です。アルカリ食品や水分を充分に摂取することで尿をアルカリ化したり、ストレスを避けることも大切です。

 - 脂質異常症と合併症

PC用

PC用

  関連記事