脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症の自覚症状

脂質異常症自体は基本的に自覚症状のない病気です。この自覚症状が無いことが脂質異常症(高脂血症)の厄介なところです。気づかぬうちに脂質異常症(高脂血症)になり、健康診断時の血液検査などで脂質異常症(高脂血症)を指摘されても、自覚症状がありませんから放置しがちです。

脂質異常症(高脂血症)を放っておくと、動脈硬化が進んでしまいます。動脈硬化になると血管が硬くもろい状態になり、血管も狭くなって、血流が悪くなって狭心症や心筋梗塞といった冠動脈硬化症や脳卒中などを引き起こしてしまいます。高脂血症が動脈硬化を促進し、動脈硬化自体も自覚症状がないのが一般的ですから動脈硬化も悪化して、何かしらの自覚症状が現われたときには臓器が障害されているといったケースも稀ではありません。

脂質異常症(高脂血症)は、日本人の死亡原因の上位を占める心筋梗塞や脳梗塞などにつながる病気です。定期健診などの定期的な検査を受けて、脂質異常症(高脂血症)と診断されたら、自覚症状がなくとも、医師と相談して生活習慣を改め、必要な治療を行うことが大切です。

 - 脂質異常症の症状

PC用

PC用

  関連記事