脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症の検査・診察

脂質異常症(高脂血症)かどうかを調べるには、健康診断や人間ドックで検査をうけるのが一般的です。脂質異常症は生活習慣病の一つで、メタボリックシンドロームとも大きく関わっています。
脂質異常症(高脂血症)の検査は採血による血液検査が一般的です。会社の定期健診や、地域の住民健診などを積極的に受けて、検査の結果で「脂質異常症(高脂血症)の疑いあり」と指摘されたら、自覚症状がなくとも、病院を受診してください。

脂質異常症の血液検査は、朝食前の空腹時に採血して血清脂質の測定をします。血液検査結果は、血液中のコレステロールや中性脂肪の脂質の数値で示されます。高脂血症に関係する数値に、総コレステロール値(TC)、HDLコレステロール値(HDL)、中性脂肪値(トリグリセリド値・TG)の 3つがあります。脂質異常症の診断基準では、動脈硬化性疾患の高リスク群をスクリーニングするために、診断基準としてLDL-コレステロール、HDL-コレステロール、中性脂肪(TG)が重要視されており、総コレステロールは診断基準から除かれています。

血液検査で得られた数値(LDL-C値、HDL-C値、TG値)のみで薬治療を開始するわけではありません。この診断基準の数値は薬物療法の開始基準ではありませんから、薬物療法をするかどうかに関しては他危険因子も考慮して総合的に判断決定されることになります。
鑑別診断のために、血液検査で肝機能、腎機能なども調べますし、問診も重要です。問診・診察で、高血圧、糖尿病、心臓疾患の合併の有無や、冠動脈疾患(CAD)や脳梗塞、脂質異常症の家族歴のほかに、飲酒・喫煙・食事・運動などの生活習慣も確認されます。

脂質異常症の診断は、続発性脂質代謝異常の鑑別診断から原発性脂質代謝異常の鑑別診断へと進められます。検査・診察・問診の結果に脂質異常症と確定診断されて、治療内容が決まっていきます。

※脂質異常症の血液検査:空腹時の血清脂質を測定します。LDL-C値、TG値、HDL-C値で診断します。LDL-C値は、空腹時採血かつTG値400mg/dL未満の場合にのみ、Friedewaldの式「(LDL-C)=(TC)-(HDL-C)-(TG)/5)」で計算します。食後採血やTG値が400mg/dL以上の場合は、直接測定法でLDL-C値を測定します。

 - 脂質異常症の診断

PC用

PC用

  関連記事