脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症の診断基準

日本動脈硬化学会の改訂版が2007年に発表され、名称が「高脂血症の診断基準」から「脂質異常症の診断基準」に変更されました。「脂質異常症の診断基準」の特徴は、診断基準としてLDL-コレステロールを140mg/dLとして採用し、総コレステロールが診断基準からなくなったことです。また、脂質異常症と診断された患者に対する管理基準として、動脈硬化の危険度に従ったカテゴリー別管理目標が設定され、これまでのA・B・Cという表記から、一次予防と二次予防に区別され、更に一次予防は低リスク・中リスク・高リスクに分類されました。

日本動脈硬化学会の「脂質異常症の診断基準」では、血液中に占める脂質が「コレステロール値の異常による」のか、「中性脂肪(トリグリセド値、TG値)が高いことによる」のかで区別されます。脂質異常症は脂質の種類によって3タイプに分けられます。従来の「高脂血症の診断基準」では「高コレステロール血症」と「高中性脂肪血症」だったのが、「脂質異常症の診断基準」では、「 高LDLコレステロール血症」「低HDLコレステロール血症」「高トリグリセリド血症」になりました。

脂質異常症の種類

 高LDLコレステロール血症(高LDL血症)

LDLコレステロールとは、いわゆる「悪玉コレステロール」のことです。血液中の低比重リポ蛋白(LDL)が多い(140mg/dL以上)タイプの脂質異常症です。

 低HDLコレステロール血症(低HDL血症)

HDLコレステロールとは、いわゆる「善玉コレステロール」のことでです。血液中の高比重リポ蛋白(HDL)が少ない(40mg/dL未満)タイプの脂質異常症です。

 高トリグリセリド血症(高トリグリセライド血症、高TG血症)

血液中にトリグリセリド(中性脂肪)が多い(150mg/dL以上)タイプの脂質異常症です。

 - 脂質異常症の診断

PC用

PC用

  関連記事