脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

総コレステロール(TC)とは

2007年に発表された日本動脈硬化学会の改訂版「脂質異常症の診断基準」では、総コレステロール(TC)が診断基準から除外されました。LDLが明らかに心血管リスクとの相関度が高いことや、HDLが高いために総コレステロール(TC)値も高いという人も高脂血症と診断されるなど、総コレステロール(TC)値では動脈硬化性疾患のリスクが正確に判断できないためです。このことから総コレステロール(TC)値の重要度は廃れ、注目度も薄れてきています。

「脂質異常症の診断基準」より前の「高脂血症の診断基準」においては、「高コレステロール血症」と「高中性脂肪血症」があり、「高コレステロール血症」の診断基準として総コレステロール(TC)値が採用されており、総コレステロール値が高い(220mg/dL以上)タイプの脂質異常症を「高コレステロール血症」と診断していました。

総コレステロール(TC)はLDLやHDLを包括しています。日本人女性に比較的多いケース(LDLコレステロールがそれほど高くないのにHDLコレステロールが高いために、総コレステロール値が高い)も動脈硬化性疾患リスクとして捉えられてしまうという混乱が生じていました。このようなことから、「脂質異常症の診断基準」において、LDLコレステロールとHDLコレステロールを直接的に評価する流れが生じ、この流れは更に加速するとみられます。

 - 脂質異常症の診断

PC用

PC用

  関連記事