脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

高LDLコレステロール血症とは

日本動脈硬化学会の「脂質異常症の診断基準」によると、高LDLコレステロール血症(高LDL‐C血症)は、血液中の低比重リポ蛋白(LDL)が多いタイプの脂質異常症です。血液検査(血清脂質検査)によるLDLコレステロール値(LDL-C値)が140mg/dL以上であれば、高LDLコレステロール血症(高LDL血症)と診断されます。

LDLコレステロールが増えすぎると、動脈の内壁に脂肪質の固まり(アテローム)が付着して動脈内を狭めたりして動脈硬化を促進するため、悪玉コレステロールと呼ばれます。LDLコレステロールは動脈硬化性疾患の危険因子で、LDLコレステロール値が高くなると虚血性心疾患(狭心症と心筋梗塞)の頻度が増加するという疫学的調査結果が示すとおり、LDLコレステロールと虚血性心疾患は高い相関関係があります。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が深く関わっているのが粥状硬化症(アテローム性動脈硬化症)と呼ばれるタイプの動脈硬化症です。コレステロールの過剰摂取がアテロームができる直接原因ではありません。本来はコレステロールが血管壁に溜まってアテロームを作ることはありませんが、それは血管壁に傷などの問題がない場合に限ります。
血液中に長く留まっているLDLは、糖と結合したり酸化されたりして変性LDLになります。過酸化LDL(変性LDL)や、高血圧や高血糖、運動不足、喫煙、ストレスなどで、血管壁に傷が付いたり異常が生じると、LDLコレステロールが血管内壁に入り込んで、更に酸化されて過酸化LDL(変性LDL)が血管内壁に溜まっていきます。それを阻止しようと平滑筋細胞とマクロファージが過酸化LDLを取り込んだ後に泡沫細胞に変化して死んで動脈硬化巣を作ってしまいます。こうして動脈内側が狭くなったり硬くなったりするのが粥状硬化症(アテローム性動脈硬化症)です。

※LDL-C値は、空腹時の採血でかつTG値が400mg/dL未満の場合で、Friedewaldの式「(LDL-C)=(TC)-(HDL-C)-(TG)/5)」で計算します。食後採血やTG値が400mg/dL以上の場合は、直接測定法でLDL-C値を測定します。

※動脈硬化とは、動脈壁が肥厚して弾力性が低下し内腔が狭小化する病態です。一般的に動脈硬化という場合はアテローム性動脈硬化症(粥状硬化症)のことです。

 - 脂質異常症の診断

PC用

PC用

  関連記事