脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

LDLコレステロールが低いと

LDLコレステロールが高いと動脈硬化などの危険が高くなりますが、逆にLDLコレステロール値が低いのも問題です。LDLコレステロールは特定健診・保健指導(メタボ健診)でも検査対象になっています。LDLコレステロールの値が高いと、動脈硬化を生じて狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患の発症リスクが高くなるからです。そして、LDLコレステロール値を低くする多くの対策がとられています。
その一方で、「LDLコレステロール値が低いほど死亡率が高まる」「LDLコレステロール値が低いほどがんの発症率が高くなる」といったデータ報告があります。また、LDLコレステロール値が低いと、血管が破れやすくなる、免疫力が低下する、貧血を起こしやすくなる、セロトニンが減少してうつ状態になりやすいともいわれています。

そもそも、コレステロールは生命維持に欠かせない栄養素で、細胞膜を作ったり、ホルモン分泌に関わったりするなど非常に重要な役割をしています。LDLコレステロール値が低いと、体はうまく機能しなくなるといえるほどにコレステロールは必要なのです。低栄養になるとLDLコレステロール値が低い状態になるため、栄養評価の1つにもなっています。
LDLコレステロール値が低い場合は、アルブミン値も低いことがしばしば認められています。アルブミンが低くなると、貧血と同じように浸透圧の影響で体の中の余分な水分が血管から染み出して、むくみ(浮腫)や心不全を起こします。

LDLコレステロールは悪玉とは限りません。必要以上にLDLコレステロール値が高いと過剰反応することなく、基本的には、コレステロールは基準値内がベストといえます。LDLコレステロール値が高すぎたり低すぎたりする人は、食事療法や運動療法を取り入れたり、専門医に相談するなどして、コレステロール基準値を目指すことが必要です。

LDLコレステロール値が異常値を示す病態や疾患

LDLコレステロール値が低い(減少する)病気:家族性低コレステロール血症、肝硬変、甲状腺機能亢進症、先天性無βリポ蛋白血症、慢性肝炎

LDLコレステロール値が高い(上昇する)病気:クッシング症候群、ネフローゼ症候群、家族性高コレステロール血症(Ⅱa型)、家族性混合型高脂血症(Ⅱb型)、甲状腺機能低下症、糖尿病、肥満、閉塞性黄疸

 - 脂質異常症の診断

PC用

PC用

  関連記事