脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

低HDLコレステロール血症とは

日本動脈硬化学会の「脂質異常症の診断基準」によると低HDLコレステロール血症(低HDL-C血症)は、血液中の高比重リポ蛋白(HDL)が少ないタイプの脂質異常症です。血液検査(血清脂質検査)によるHDLコレステロール値(HDL-C値)が40mg/dL未満であれば、低HDLコレステロール血症(低HDL血症)と診断されます。

HDLコレステロールは過剰なコレステロールを末梢組織から取り去り肝臓へと運搬(逆転送)する働きあり、HDLが多いほど狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患のリスクが減るために、善玉コレステロールと呼ばれています。逆にHDLコレステロールが少ないと、コレステロールが運ばれずに動脈硬化性疾患の可能性が高まりますから、低HDLコレステロール血症は独立した強い冠動脈疾患(虚血性心疾患:狭心症と心筋梗塞)の危険因子とされているだけでなく、メタボリックシンドロームの診断基準としても重要視されています。

低HDLコレステロール血症は、その原因から一次性(原発性)と二次性(続発性)に分類されます。発現頻度は高くありませんが、HDLコレステロール値が低い場合に疑われる病気(原発性)としては、LCAT欠損症・Tangier病・LPL欠損症などが挙げられます。

健康診断の血液検査の結果で見られる多くの低HDLコレステロール血症は続発性で、最も頻度が高いものは高トリグリセリド血症 (高TG血症)に合併しています。HDLコレステロール値が低い場合に疑われる病気としては、ネフローゼ症候群・冠動脈硬化症・肝硬変・甲状腺機能異常・糖尿病・肥満・慢性腎不全などがあります。低HDLコレステロール血症(低HDL‐C血症)の原因を探る確定診断に続いて治療が開始されます。二次性の場合は原疾患(原因になっている病気)の治療が行われます。

※日本人間ドック学会ガイドラインによるHDLコレステロール(HDL-C)の正常値は、男性は40~99mg/dL、女性は50~109mg/dLです。

 - 脂質異常症の診断

PC用

PC用

  関連記事