脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

高トリグリセライド血症とは

日本動脈硬化学会の「脂質異常症の診断基準」によると、高トリグリセリド血症(高トリグリセライド血症、高TG血症) は、血液中のトリグリセリド(中性脂肪)が多いいタイプの脂質異常症です。血液検査(血清脂質検査)によるトリグリセリド値(TG値)が150mg/dL以上であれば、高トリグリセリド血症(高トリグリセライド血症、高TG血症) と診断されます。

中性脂肪はコレステロールと同様に動脈硬化性疾患の危険因子です。また、極端にトリグリセリド値(TG値)が高くなると急性すい炎(膵炎)の危険性があります。高トリグリセライド血症の人は、内臓脂肪型肥満症の人に多くみられます。中性脂肪は痩せていても値が高い人がいますから、痩せていても要注意です。

中性脂肪が問題となるのは、中性脂肪そのものというよりも、中性脂肪が高いと血中のLDLコレステロールを増やしてHDLコレステロールを減らし、高LDLコレステロール血症や低HDLコレステロール血症を引き起こす、といった中性脂肪とコレステロールの関係ともいえます。更に、中性脂肪が高いと、高レムナント血症をひきおこしたり、小粒子高密度LDL(スモールデンスLDL)を作ったりして、動脈硬化を促進してしまうことも問題です。

動脈硬化性疾患である心筋梗塞の患者の場合では、コレステロール値はそれほど高くなく、むしろ中性脂肪が高値を示すケースが多いといわれています。また、糖尿病の患者の場合では、トリグリセライド値が高くなりやすく、糖尿病の患者の高トリグリセライド血症は、大血管障害だけでなく、細小血管障害の危険因子であることが分ってきました。このように高トリグリセリド血症(高トリグリセライド血症、高TG血症)は、脂質異常症のみにとどまらず、脂質異常症を合併する病気においても重要視されています。健康診断の血中脂質検査は欠かせません。定期的に検査を受けましょう。

※中性脂肪の大部分はトリグリセリド(TG)のため、中性脂肪とトリグリセリドは殆ど同義語のように扱われます。トリグリセリドはトリグリセライドともいわれます。

 - 脂質異常症の診断

PC用

PC用

  関連記事