脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症治療の必要性

脂質異常症(高脂血症)は、自覚症状がなくとも、早く見つけて治療することが重要です。脂質異常症(高脂血症)の治療や改善の必要性は明らかです。脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化性疾患の原因のひとつだからです。日本人の死因の第1位と第2位を占めるのが冠動脈疾患(狭心症と心筋梗塞)を含む心臓病と脳卒中(脳梗塞や脳出血など)です。これらの病気だけで総死亡率のおよそ3割を占めていることからも、動脈硬化の原因となる脂質異常症(高脂血症)の治療や改善・予防の必要性が高まります。
脂質異常症の原因には、食事や運動習慣などの生活習慣が大きく関係していることが多いため、脂質異常症治療の基本は生活習慣の改善で、脂質異常症の治療は脂質の値が改善された後においても中断せず継続して行う必要があります。

動脈硬化を引き起こす病気は脂質異常症(高脂血症)の他に、高血圧や糖尿病などがあります。一つを発症すると他を合併しやすく、それぞれの病気の症状は軽度でも、合併する病気が多いほどに動脈硬化を促進することになります。このように、動脈硬化はいくつもの危険因子が重なり合って促進されてしまいます。それらの危険因子を一つでも多く取り除くことが動脈硬化の予防に繋がります。

 - 脂質異常症の治療

PC用

PC用

  関連記事