脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症の管理目標値

脂質異常症と診断されると、脂質異常症の治療目標として設定された、リスクの程度別の治療方針の基準と脂質管理目標値に基づいて治療が行われます。HDLコレステロール値(HDL-C値)と中性脂肪値(TG値)では管理目標と診断基準が一致、つまり、HDL-CとTGの管理目標値は、リスクの程度に関係なく、HDL-C値は40mg/dL以上、TG値は150mg/dL未満に設定されています。LDL-C(LDLコレステロール)の管理目標値はリスクの程度によって異なります。また、LDLコレステロールの管理目標値は治療の目安となるもので、実際は患者によって異なるようです。

リスク別脂質管理目標値

 一次予防(冠動脈疾患の既往なし)

一次予防の治療方針の基準は、まず生活習慣の改善を行った後に、その効果を判定し、薬物治療を追加するかどうか判断します。リスク群は、LDL-C以外の冠動脈疾患危険因子の数によって分類されます。LDL-C以外の冠動脈疾患危険因子として、高血圧症・糖尿病(耐糖能異常を含む)・喫煙・加齢 (男性:45歳以上、女性55歳以上)・冠動脈疾患の家族歴・低HDL-C血症(40mg/dl以下)があります。
リスク別のLDL-Cの管理目標値は、次のとおりです。尚、糖尿病、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症を合併している場合は、他の危険因子がなくとも、それだけで高リスク群(カテゴリーIII)に分類されます。

  • 低リスク群(カテゴリーI)(危険因子数0):160mg/dL未満で、診断基準より高い設定です。
  • 中リスク群(カテゴリーII)(危険因子数1~2):140mg/dL未満で、診断基準と一致します。
  • 高リスク群(カテゴリーIII)(危険因子数3以上):120mg/dL未満で、診断基準より低い設定です。

 二次予防(冠動脈疾患の既往あり)

二次予防の治療方針の基準は、生活習慣の改善と同時に、薬物療法を検討します。LDL-Cの管理目標値は100mg/dL未満で、診断基準よりはるかに低い設定です。

 - 脂質異常症の治療

PC用

PC用

  関連記事