脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

コレステロールの薬スタチン

脂質異常症の薬物治療で、コレステロールを下げる薬の代表格に、スタチン系薬剤(HMG-CoA還元酵素阻薬)があります。コレステロールの合成を阻害する薬であるスタチン系薬剤は、LDLコレステロールを減らす治療薬としてよく知られており、コレステロールを下げる薬として最も多く使われている脂質異常症(高脂血症)の治療薬です。
スタチン系薬剤とは、その作用機序から「HMG-CoA還元酵素阻薬」とも呼ばれ、HMG-CoA還元酵素の働きを阻害することで血液中のコレステロール値を低下させる薬の総称です。スタチン系薬剤に、ロスバスタチン(クレストール)、アトルバスタチン(リピトール)、プラバスタチン(メバロチン)などがあります。
スタチン系のコレステロールを下げる薬として、コレステロールを大きく下げる薬、おだやかにゆっくり下げる薬、といった効果的で副作用などの心配が少ない薬の開発が相次いでいます。また、スタチン系薬剤はコレステロールを下げる作用のほかにも多面的効果があるとして注目されています。スタチン系薬剤を用いた大規模臨床試験により、虚血性心疾患の初発および再発の予防が示され、抗酸化作用・血管内皮細胞の分化増殖の促進とその機能障害の改善・血栓形成改善作用・抗炎症作用といった直接的に冠動脈疾患などの動脈硬化を抑制することが示されています。更には免疫抑制(調整)作用についの報告もされています。

スタチン系の薬の副作用は横紋筋融解症・消化器症状(腹痛や吐き気)・肝障害などです。副作用として現われるのは稀ですが、筋肉が障害を受ける横紋筋融解症には注意が必要です。特に腎臓の悪い人や高齢の人は注意が必要とされています。横紋筋融解症とは、骨格筋の融解・壊死により筋細胞成分が血液中に流出した病態です。横紋筋融解症の自覚症状としては、四肢の脱力・痛み・赤色尿などがあります。放置すると、腎不全を伴い重篤化する可能性があります。
フィブラート系薬剤とスタチンの併用すると横紋筋融解症の発生リスクが高くなることから、これら薬剤の併用は原則禁忌とされています。また、極めて稀に重い肝機能障害を起こすこともありますので、スタチン系薬剤を服用している場合は、定期的に検査を受けて副作用をチェックすることが大切です。

※スタチン系薬剤の他に、コレステロールを下げる薬としては、コレステロールの吸収を阻害する薬(陰イオン交換樹脂、小腸コレステロールトランスポーター阻害剤)、コレステロールの異化を促進する薬(プロブコール)などがあります。

※作用機序(mechanism of action):作用機序とは、薬物が生体に作用を現す仕組み(メカニズム)のことを意味します。

 - 脂質異常症の治療

PC用

PC用

  関連記事