脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

コレステロールを下げる薬

脂質異常症の薬物治療で、コレステロールを下げる薬の代表的なスタチン系薬剤(HMG-CoA還元酵素阻薬)の他に、コレステロールの吸収を阻害する薬(陰イオン交換樹脂、小腸コレステロールトランスポーター阻害剤)、コレステロールの異化を促進する薬(プロブコール)が挙げられます。

コレステロールの治療薬

 コレステロール吸収阻害薬

陰イオン交換樹脂製剤:陰イオン交換樹脂製剤は、胆汁酸排泄促進薬とも呼ばれ、腸管内で胆汁酸を吸着して、そのまま糞便中に排泄されことで、コレステロール吸収を防ぐ高脂血症の治療薬です。コレスチミド(コレバイン)、コレスチラミン(クエストラン)などがあります。
陰イオン交換樹脂の副作用としては、 便秘、腹部膨満感、出血傾向(ビタミンK欠乏による)があります。陰イオン交換樹脂は安全性が高いとされていますが、酸性薬剤(ワルファリン、チアジドなど)の吸着や、長期服用による脂溶性ビタミンの吸収を阻害するので注意が必要です。

小腸コレステロールトランスポーター阻害剤:小腸コレステロールトランスポーター阻害剤は、小腸でのコレステロールの吸収を抑えて、LDLコレステロールを下げる薬です。脂質異常症治療薬の中では新しいタイプの薬で、エゼチミブ(ゼチーア)があります。
小腸コレステロールトランスポーター阻害剤は、小腸コレステロールトランスポーター(輸送蛋白)を選択的に阻害することにより、肝臓から排出される胆汁性コレステロールと食事由来コレステロールの両方が小腸から吸収されるのを抑制して、血液中のコレステロールを低下させる薬です。腸肝循環を繰り返して体循環に移行しないため副作用もほとんどなく、脂溶性ビタミンや併用薬の吸収を阻害せず、薬物間相互作用が少ないとされています。心筋梗塞を予防できるかといった長期余後の改善効果については十分な検証がされていません。

 プロブコール

プロブコールは抗酸化作用を持った治療薬で、LDLコレステロールの肝臓への取り込みを促進させる作用があり、ブルブコール(ロレルコ、シンレスタール)などがあります。LDLとHDLの両方のコレステロールを減らす、という脂質異常症治療薬の基本である「LDLコレステロールを増やしてHDLコレステロールを減らす」に反している例外的な治療薬です。
プロブコールの副作用は、過敏症、胃腸障害(下痢、軟便、消化不良、胸焼けなど)などです。

 - 脂質異常症の治療

PC用

PC用

  関連記事