脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

中性脂肪を下げる薬

中性脂肪を下げる薬には、フィブラート系薬・ニコチン酸誘導体・イサコベント酸エチル(EPA)があります。中性脂肪は動脈硬化を促進させますから、中性脂肪値(TG値)が基準値よりも高いと高トリグリセリド血症(高TG血症)と診断されます。中性脂肪値(TG値)が高い場合は治療する必要があります。
フィブラート系薬剤(中性脂肪合成阻害薬)とスタチン系薬剤(コレステロール合成阻害薬)との併用は、原則禁忌になっていますので、これら2薬剤の飲み合わせには注意が必要です。

中性脂肪の治療薬

 フィブラート系薬剤

トリグリセリド(TG) 合成阻害薬であるフィブラート系薬剤には、ベザフィブラート(ベザトールSR)、フェノフィブラート(リパンチル、リピディル、トライコア、)クリノフィブラート(リポクリン)などがあります。フィブラート系薬剤はコレステロールを下げる作用もあるのですが、主に肝臓での中性脂肪の合成を抑制して血液中の中性脂肪を下げる作用があります。そのため、主に高トリグリセライド血症(高TG血症)の治療に用いられます。
フィブラート系薬剤の副作用として、発疹などのアレルギー症状、肝機能障害などがあります。フィブラート系薬剤とスタチン系薬剤との併用は、横紋筋融解症の発症リスクを高めるため、原則禁忌になっています。

 ニコチン酸誘導体

ニコチン酸誘導体は、古くから使われている脂質異常症の治療薬です。中性脂肪(TG、トリグリセリド)やLDLコレステロールを下げるだけでなく、HDLコレステロールを上昇させる作用があります。そのため、LDLコレステロールとトリグリセライト(TG)の両方の値が高い場合と、トリグリセライト値(TG値)が高い場合に適している薬とされています。臨床的にも動脈硬化が進むのを予防する作用が確認されています。ニコチン酸誘導体には、トコフェノールニコチン酸(ユベラニコチネート)、ニコモール(コレキサミン)・ニセリトロール(ペリシット)などがあります。
ニコチン酸誘導体の副作用としては、末梢血管拡張作用による顔面紅潮・かゆみ・頭痛、フラッシング発疹、食欲不振・胃部不快感・嘔吐などの消化器症状が知られています。活動性潰瘍、妊娠、痛風発作時は使用禁忌とされています。

 イサコベント酸エチル(EPA)

イワシなどの青魚に含まれる魚油の成分であるイコサペント酸エチル(EPA)の抗動脈硬化作用は、トリグリセリド(TG)を下げる作用に加えて、抗血栓作用・抗炎症作用・膜安定化作用といった多面的作用があり、高トリグリセリド血症(高TG血症)だけでなく高抗動脈硬化性疾患薬として広く用いられると考えられています。高純度EPA製剤の大規模臨床試験では心血管疾患抑制効果が示されています。

 - 脂質異常症の治療

PC用

PC用

  関連記事