脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

更年期女性の脂質異常症治療

閉経期前後(50歳前後)の更年期女性の脂質異常症(高脂血症)が急激に増加して、食事療法や運動療法といった生活習慣改善に加えて薬による治療(薬物療法)が必要になることも多くなります。そして、LDLコレステロールや中性脂肪(TG)といった血清脂質は閉経期(更年期)前後より増加して、高齢期も高値を持続することから、高齢者の女性の脂質異常症(高脂血症)の罹患率は高いです。

更年期女性の高コレステロール血症に対してはスタチン系薬剤による薬物療法が有効であることが明らかにされており、更年期女性の高コレステロール血症に対しても、スタチン系薬剤が第一選択薬と考えられています。

高コレステロール血症が更年期から増える原因は、閉経に伴う女性ホルモン(エストロゲン)の低下です。閉経後女性にエストロゲンを補充するホルモン補充療法(HRT)は、更年期障害の改善や骨粗鬆症の予防に用いられる薬物療法ですが、この薬治療はLDLコレステロールを下げてHDLコレステロールを上げる作用もあります。
閉経後女性の高コレステロール血症は、閉経に伴う女性ホルモン(特にエストロゲンの低下)が深く関与していることから、ホルモン補充療法(HRT)が妥当な治療方法でとして用いられることがあります。ですが、ホルモン補充療法(HRT)では、子宮出血が起こりやすい・乳癌に対する心配が払拭されていない、といった欠点がありますし、コレステロールの低下もある程度までしか得られず治療目標値に到達ないことも多いともいわれています。

更年期女性は、冷え・ほてり・のぼせ・汗っかきといった更年期障害の症状に注目しがちですが、女性の更年期は脂質異常症(高脂血症)にも注意してほしい時期です。脂質異常症(高脂血症)は自覚症状がありませんが、動脈硬化の危険因子です。定期健診を受けてコレステロール値や中性脂肪値が正常値範囲内かどうか確認することをおすすめします。

 - 脂質異常症の治療

PC用

PC用

  関連記事