脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

脂質異常症の食事の原則

食事療法は脂質異常症(高脂血症)の治療の基本です。脂質異常症の食事療法は、適正な総摂取エネルギー摂取が原則で、実際には、脂質異常症のすべての病型に対して第一段階の食事療法で対応します。
第一段階の食事療法とは、総摂取エネルギー、栄養素配分比率の中でも、特に脂質エネルギー比とコレステロール摂取量の適正化です。第一段階で血清脂質が目標値に達しない場合は、食事療法はより制限を厳しくした第二段階(病型別食事療法と適正な脂肪酸摂取)に進むことになります。

医師から食事指導を受けている場合は、自己判断せずに指示に従って食事療法を行うことが大切です。

脂質異常症の食事療法の基本

 適正エネルギー摂取量の計算方法

標準体重=身長(m)×身長(m)×22
適正エネルギー摂取量=標準体重×25~30kcal

 栄養素配分

脂質・脂肪:脂質エネルギー比20~25%として、獣鳥肉性脂肪を少なくして、植物性・魚類性脂肪を多くします。

コレステロール摂取量:コレステロールの摂取量は、1日300mg以内にします。

タンパク質:タンパク質エネルギー比15~20%として、獣鳥肉より魚肉、大豆タンパクを多くします。

その他に、○炭水化物エネルギー比は60%○食物繊維摂取量は25g以上○アルコール摂取量は合併症を考慮して指導するが25g以下○ビタミン(C、E、B6、B12、葉酸など)やポリフェノールを多く含む野菜や果物を多く摂る。ただし、果物は担当類含有量も多いですから、果物の摂取量は1日80~100kcal以内が望ましいとされています。

 - 脂質異常症の食事

PC用

PC用

  関連記事