脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

LDLを下げる食事食品

LDLを下げる方法に脂質異常症の治療の基本でもある食事療法があります。LDLが多いときは、LDLを高くする食品を避けて、LDLを下げる食品を選んで食事することが、LDLコレステロールを下げる食事のポイントになります。

血中コレステロールの供給源は、食事20%で体内合成80%ですが、体内合成の50%は食事でコントロールできるといわれており、コレステロールを多く含む食品を減らすことも大切ですが、体内でコレステロールが作られにくい状態にするような食事が効果的にLDLコレステロールを下げると考えられます。

積極的に食物繊維・ビタミンC・抗酸化作用のある食べ物を摂ることもLDLを下げる食事になります。

医師から食事指導を受けている場合には、自己判断はせずに、指示に従って食事療法を行うことが大切です。

LDLコレステロールを下げる食事

 コレステロールを多く含む食品を控える。

コレステロールを多く含む食品は、動物や魚の内臓や卵などです。イカ・エビ・タコもコレステロールが多い食べ物ですが、コレステロール値を下げるタウリンが多く含まれていることから、コレステロールを気にする必要はないといわれています。

 体内でコレステロールを増やしやすい食品を減らす。

飽和脂肪酸の多い食べ物はLDLを高くする食品で、LDLコレステロールを下げる食事では減らしたい食べ物になります。コレステロールを増やす作用がある飽和脂肪酸は、主に肉類や卵、牛乳、バターなどの動物性脂肪が多い食べ物にたくさん含まれています。
LDLが多い人は特に摂り過ぎに注意しなければいけない食べ物です。ですが、コレステロールが多く含まれるという卵(鶏卵)には有用成分が多く含まれていますから、食べすぎない限り、あまり神経質になる必要はないとされています。

 コレステロールを下げる食品を増やす。

LDLコレステロールを下げる食事で、増やしたい食品は、不飽和脂肪酸の多い食べ物です。コレステロールを下げる作用がある不飽和脂肪酸は、魚やオリーブ油、菜種油など主に植物性の油が多い食べ物に多く含まれています。

 - 脂質異常症の食事

PC用

PC用

  関連記事