脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

LDLを下げる大豆

大豆や大豆加工品はLDLコレステロールを下げる食事に取り入れたい有効な食べ物です。大豆は不飽和脂肪酸が多く含まれている食品で、LDLコレステロールを減らして動脈硬化の予防になります。大豆は「畑の肉」と呼ばれるように、植物性で良質のたんぱく質(必須アミノ酸をバランスよく含むたんぱく質)と、脂質・糖質・繊維質をバランスよく含み、ビタミン・ミネラルが豊富な食品ですから、LDLコレステロールが高い人が動物性食品を控えたい場合に、大豆や大豆加工品は低カロリーな植物性タンパク質源として最適といえます。

LDLを下げる大豆の成分

大豆はLDLコレステロールを下げる成分をたくさん含む食品で、大豆の成分にレシチン・カリウム・サポニン・イソフラボン・ビタミンEなどがあります。大豆は脂質異常症を含む生活習慣病の予防に最適の食べ物です。大豆を料理にしたり、豆腐、豆乳、納豆、厚揚げ、湯葉などの大豆加工品を日々の食事に取り入れることは、LDLコレステロールを下げるのに有効です。

レシチン:大豆に含まれる成分のレシチンは、リン脂質とよばれる脂質の一種で、その乳化作用でLDLコレステロールを下げたり、血管壁に沈着したLDLコレステロールを取る作用があります。レシチンは中性脂肪の排泄を促す効果もあるといわれています。

カリウム:大豆に含まれる成分のカリウムは、ナトリウムを排出して血圧の上昇を抑える作用があります。

サポニン:大豆に含まれる成分のサポニンは、コレステロールの代謝を促進し、不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、コレステロール値を下げる効果があります。

食物繊維:食物繊維は、腸内環境を整え、腸内の老廃物・有害物質・コレステロールを排出します。

 - 脂質異常症の食事

PC用

PC用

  関連記事