脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

LDLを下げる青魚

魚類には不飽和脂肪酸が多く含まれており、コレステロールを下げる働きがあります。また、中性脂肪を下げる働きもあります。青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)もLDLコレステロールを下げる働きのある不飽和脂肪酸(オメガ3系脂肪酸)で、DHAやEPAを多く含む魚には、いわし・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・まぐろ・鮭・あじ・はまち・まだいなどがあります。特にEPAが多い魚はニシン、DHAが多い魚はハマチやサバです。

魚を食べる時に気を付けることは、まぐろのトロのように、コレステロールや脂分が多い部分は避けるべきで、赤身を食べます。 不飽和脂肪酸が含まれている魚類は、不飽和脂肪酸の酸化が進む前に、なるべく新鮮なうちに食べることが大切ですし、同じ青魚でも、干物は空気にさらされて不飽和脂肪酸が酸化してしまっていることが多いですし塩分も高めですから、コレステロール値が高い人は食べない方が良いと考えられます。
また、不飽和脂肪酸も脂質の一種ですから、摂りすぎによるエネルギー過剰には注意が必要です。魚でもLDLコレステロールを多く含むことがあります。さんまや鮎の内臓はLDLコレステロールを多く含みますし、内臓ごと食べる食品(しらす干し・いわしの丸干し・わかさぎ・ししゃもなど)はLDLコレステロールを多く含む食品です。魚卵類(たらこ・すじこ・かずのこ・うになど)もLDLコレステロールを多く含む食品です。

 - 脂質異常症の食事

PC用

PC用

  関連記事