脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

健診結果のLH比に注意

LH比に注意してください。健康診断を受診したなら、検査結果項目で、コレステロール値だけでなく、LH比に注意することも必要です。LH比とは、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とHDLコレステロール(善玉コレステロール)の比のことです。脂質異常症の診断は、総コレステロール(T-Cho)・悪玉コレステロール(LDL-C)・トリグリセリド(TG)・善玉コレステロール(HDL-C)など、各々の脂質検査値を診断基準(診断の指標)としており、LH比は診断基準にはなっていません。

LH比に注意する理由は、LH比を低くすることで、動脈硬化の進展が抑制でき、冠動脈疾患の発症予防になると考えられるからです。例えば、心血管系の突発性危険発生因子と相関する悪玉コレステロールであるLDL-Cを低値に管理しても、善玉コレステロールのHDL-Cが低値ならばLH比は高値になり、LDL-C高値群よりリスクが高いことが解明されてきています。LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とHDLコレステロール(善玉コレステロール)を同時に管理することが特発性危険発生因子の抑制に繋がると考えられています。

総コレステロール(T-Cho)やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が高い値を示さない正常値範囲内の人でも、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が非常に低い人は、コレステロール転送系が優位な人で、動脈硬化になりやすい、ということです。健診結果で「異常なし」でも、「LH比」を計算してみてください。

悪玉コレステロールを減らすには、効果的な薬ができているので、どうしても下がらない場合は、医療機関での処方してもらえます。HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす治療法はまだ確立されていませんから、適度な運動、適切な食事療法で、LH比の改善を図ることが大切です。

LH比の計算方法と評価

LH比の計算方法:LH比=悪玉(LDL-C)÷善玉(HDL-C)

1.5以下が理想的なLH比と考えられています。LH比が2.5以上になると薬物治療が必要と考える医師もいます。一般的にはLH比が高い人は2.0以下を目標に、糖尿病や高血圧など動脈硬化の危険因子がある人の場合は1.5以下を目標に、食生活や運動などの生活習慣を改めることが提案されています。

※LDLコレステロールとHDLコレステロール:LDLは肝臓から血管壁などにコレステロールを送る「コレステロール転送系」の強さを、HDLは血管から肝臓へ戻す「コレステロール逆転送系」の強さを示していると考えられています。

 - 脂質異常症の予防

PC用

PC用

  関連記事