脂質異常症情報館

脂質異常症(高脂血症)の原因・症状・治療(食事・薬)・予防・合併症の情報です

料理方法で脂質異常症予防

料理方法を工夫することで脂質異常症予防ができます。LDLを下げる料理には工夫が必要です。

肉はコレステロールが気になる食べ物ですが、肉の種類や部位を選び、調理の仕方を工夫して、コレステロールを摂りすぎないようにしてすることが脂質異常症予防になります。
青魚は魚臭いとして嫌がられることがある食品ですが、コレステロールを上げる作用はなく、不飽和脂肪酸のDHAやEPAを豊富に含んでいますから、是非食卓にのせてもらいたい食べ物です。

LDLを下げる料理の工夫

 肉をおいしく、低コレステロールで食べる料理のポイント

肉を食べる時は、ロースなど脂の多い部位を避けて赤身を、肉の種類も牛よりも豚、豚よりも鶏肉、さらにささみを選ぶようにすると、脂質の摂取量を減らすことができます。

  • 脂肪分の多い肉は、脂肪を落とします。(網で焼く、茹でる、煮る、蒸す)
  • 脂肪の少ない肉は、片栗粉をまぶしてから茹でたり煮たりして、パサつきを防ぎます。
  • 調理前につけ汁に漬け込んで、汁けを補います。
  • テフロン加工のフライパンで調理すれば、油を使わずに焼けます。
  • 野菜などと一緒に煮込みます。野菜を多くするとボリューム感がでます。

 青魚をおいしく、低コレステロールで食べる料理のポイント

  • 酸化する前に、新鮮なうちに食べます。
  • 魚の臭みを取って食べやすくします。
    • 下味をしっかりつけます。
    • 香辛料や香味野菜と一緒に調理します。(にんにく、こしょう、しょうが、セロリなど)
    • 塩や酢でしめます。(脂質・コレステロールを多く含む調味料は避けます)
    • 牛乳につけます。(内臓を取って調理する30分前に牛乳につけます)
    • マリネにします(新鮮な状態で、オリーブ油や不飽和脂肪酸を多く含む植物油を使います)

 - 脂質異常症の予防

PC用

PC用

  関連記事